スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックベリーの花

FC2-138.jpg
さすがにバラ科
ピンクの花が可愛い

ラズベリーの仲間の木苺

実は黒いのに花はピンクです
実はジャムにしますが
葉っぱは「妊婦のハーブ」呼ばれるハーブティーになります

今は
次から次にと花を咲かせています



セントジョーンズワート

FC2-136.jpg
セントジョーンズワートの黄色い花が咲き始めました
和名/西洋オトギリ草

名の由来は洗礼者ヨハネ(英名セント・ジョン)が
首を切られたときその血から芽生えたとされているハーブ
殺菌・鎮痛効果・切り傷の治療薬としては使われていたハーブ
FC2-137.jpg
またセントジョーンズワートは
抗うつ薬にも勝るとも劣らないハーブとも言われています

アメリカではサプリメントとして
ドイツでは医薬品として扱われているそうですが
セントジョーンズワートの何の成分が効くのかまだ
解明されていないとか

しかし
うつ病を改善し気分を向上させる
食欲を抑制し、ダイエット効果がある
と注目されているハーブです

セルフヒール

FC2-135.jpg
鉢植えから脱出して自由奔放に育っています
鉢の中より住み心地がよさそうです

育っているところをよく見ると
水はけが良くて日当たりが良い場所
それだけの条件で勝手に育っています

地上部のティーでうがいをすると
口内炎・喉の痛みにいいそうです



ペリウィンクル

FC2-134.jpg
ツルニチニチソウ・ツルキキョウ・フクリンヅルとも呼ばれています
「ペリウィンクル」の方が馴染みが薄いかもしれません

ハーブに区分されています
ペルシャから渡ってきた植物だそうです

繁殖旺盛です
蔓を伸ばして根付きまたさらに伸びて行きます
その性質は学び取りたいものです

実はこの花
神社仏閣の台座にモチーフとして彫られていて
そもそも高貴な花なのだと聞いたことがあります

今では野生化・雑草化していますが
よくよく見るとそうかもしれないと思わせる
花の形をしています



コモンマロウ

FC2-132.jpg
今年もマロウの季節がやってきました
今年は例年より背丈が伸びませんし
開花も幾分遅くなってます

梅雨前に開花してくれたら理想なのですが
この地域は今梅雨入り直前です

梅雨時期の摘み取りには結構気を使います
雨に濡れていたり朝露がかかっている花を摘んで乾燥させても
保存中に色が抜けて白くなって仕舞います
硬い蕾を乾燥させてもティーにしたとき色が出てくれません

FC2-133.jpg
キレイな色のマロウティーにするためには
摘むときの花の状態や乾燥のさせ方などにポイントがあるように思います

実際に自分でやってみると参考書などに書いてあるように
行かないことも多々あるものです
地域によって土地や気温や湿度など条件が違うからでしょうね

毎年データを取りながらやると
少しは先が読めるようになる気がします


プロフィール

ワームウッド

Author:ワームウッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
フリーエリア
安心・安全・新鮮な食材の宅配   Oisix(おいしっくす)
FC2アフィリエイト
FC2レンタルサーバーLite
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。